西沢千晶 - Chiaki's WebSite Powered by Planetransfer

西沢千晶 - エッセイ

HOME  > エッセイ  > 左利き

左利き

私は左利きだ。というか両利きでどちらが利き腕か定かではないが箸は左手で使う。(右手でも使える)

左利きの方ならよくわかると思うが、世の中すべて右利き用にできていて左利きの人間にとっては不便なことが多いのである。
例えばハサミ。大概のハサミは右利き用にできているので、左手で使うには使いづらい。
食事のナイフとフォークはそれぞれ逆に使えばいいように思われるだろうがそうとは限らない。
デザート用のスプーンやバターナイフなどは右利き用になっている場合が多く、逆さでは上手く使えないのである。

それ以外にも数え上げたらキリがないくらい、日用品には左右の区別があって、そのほとんどが右利き用にできているのである。
左利き用品専門ショップというのもあるのだが、割高になってしまうし、どこにでもあるわけではなく不便なことに変わりはない。

コンピューターのマウスもほとんどの製品が右利き用になっている。Windowsのマウスの左ボタンと右ボタンは設定で機能を逆にできるが、マウスの形状自体が右手に馴染むカーブになっている製品が多い。
そんなわけで、一説によると左利きの人間は1つボタンのマウスを好み、マック利用者が多いらしい。

こうした現状は人権問題ではないのか!とも思うが(笑)、日本では左利きは少数派なのか・・・
欧米では日本よりも左利きの割合が高いようだし、アメリカ人など、左利きの方が多いようにも思えるが、この違いは、日本の場合、ほとんどが幼少期に親が右利きに矯正しようとしていることが影響しているらしい。

左利きを無理に右利きにさせようとすると、成長期の子供にとってはよくない影響もあるらしいが、将来の不便さを考えると何とも言えない・・・。しかし、右利きの人を無理に左利きに矯正しようとすることを考えれば、本人にとってはあまり好ましいことでないことはお分かり頂けると思う。

やはり、社会全体が、左利きの人間にとって住みやすい状況にならなければいけないのだと思う。(大袈裟)
様々なマイノリティの市民権を高めようとする運動がある中、左利きの権利を主張する声は聞いたことがない。(私が聞いたことがないだけか?)

そんなわけで、ここで左利きの不便さを少しだけ書いてみた。



ワサビ  〆ハミガキ  〆左利き  〆ジンジャーエール  〆紅茶の不思議  〆音楽と信仰

| HOME | 観劇記録 | エッセイ | グルメマップ | 夢日記 | 普通の日記 | 公演日記 | メディア掲載 |

  西沢千晶のシネマ日記
  西沢千晶 携帯サイト Chiakiss for You

  当サイト内のコンテンツの無断転載を禁じます。 Copyright©2002-2004 Chiaki Nishizawa All Rights Reserved.